リビングからパソコンが消える

先日のブログで家庭からテレビが消えると書いたが、もっと顕著な電化製品はパソコンだろう。タブレットのようなものでないと家庭には向かない。

大きな画面で見たいならChromecastなんかでテレビ画面に飛ばしたほうが見応えがある。パソコンは立ち上がりも遅いので、知りたい情報がすぐには見られない。不便きわまりない。そもそも家庭には、とくにデスクトップパソコンを置くスペースが想定されていなかった。お荷物きわまりなかったのだ。新聞などもネットに移っているのでタブレットが重宝だ。

家庭で仕事しようとするノマドワーカーでない限り、パソコン需要はなくなっている、ということを実感している。