五輪メダリストの会見から考える~言葉と感謝の大切さ

オリンピックのメダリストたちが報告会を行った風景がニュースで流れていた。
晴れ晴れしい笑顔が印象に残った。
あらためてメダル獲得の瞬間の感動を思い起こさせられ、思わず拍手したくなる自分がいた。

そのなかで、あれっと思ったことが二つあった。ひとつは、各選手が堂々と自分の言葉で語っていたということ。
一人くらい口の重い人がいいのではないかと思うくらいに、取材陣の方を見てきちっと話をする。
マイクを持っても手が震えるなんて事が無い。自分の番が回ってくると、当然のように話をする。
また時間も長すぎず、声も小さすぎず。なかなか出来ることではない。
スポーツ選手の支援プログラムに、メディア対応プログラムがあるという。
「自分の考えをわかりやすく伝える技術の習得、競技の魅力をどう表現するか。実際にインタビュー映像を視聴し、取材対応の仕方についてチームディスカッションも行う」内容だ。ビジネスの世界でも、人前で話す経験は非常に重要であるので、大いに学ぶべきだ。備えあれば憂いなしなのだ。

二つ目は話す内容に「感謝」という言葉が必ず含まれていたことも、すごいことだと感じさせられた。
メダルを取るところまでいったのは、周囲の支援があったからだということが自然と口にでている。
「幸せがずっと続く12の行動習慣」リポミアスキーの著書の中で、幸せになるための行動として周囲への感謝が必要だという部分がある。
遺伝などで変われない部分に拘るより、行動を変えることで継続的な幸せをつかむことが出来るという考え方。
ポジティブ心理学の発展応用だ。

さすがメダリストと感じさせられた。

東京オリンピックも同じように盛り上がるのでしょうね

さて、あと2年。東京五輪は盛り上がること間違いないでしょう。
景気という面では陰りもあると思われます。

また、将来に向けた取り組みが、あと2年で行えるか…。
2年は長くも短く、短くも長い年月です。

五輪はおもしろい

羽生結弦さん、小平奈緒さんの金メダルにわいている平昌オリンピックです。

開催前は盛り上がらないなと思っていても、いざ競技が始まると、毎日が楽しみで、メダリストの一挙手一投足にワクワク。日頃は見ることの少ない競技の動向に一喜一憂してしまいます。

終了後はオリンピックロスになりそうです。この調子だと東京オリンピックが怖いです。消費税も上がるし、その後のロス感は半端ない予感です。