風水害への対応

2018年という年は、災害が多かった年として記憶されるのではないだろうか。

大阪北部地震、岡山や広島など西日本広域豪雨災害、台風20号そして21号、その2日後には北海道での地震発生。

大阪北部地震は今まで想定されていなかった地域での直下型であるし、風水害被害が比較的少ない地域といわれてきた岡山での水害、そして台風21号に至っては第2室戸台風以来50年ぶりの巨大なもので、関空をはじめ各地に大きな被害をもたらしている。

台風21号での対応では、安全を優先した対応が功を奏した。一例を挙げるとJR西日本は台風が直撃する前日から列車の運休を決めいちはやくアナウンスした。一つの引き金となり、当日臨時休業する機関や組織が多かった。

また台風の被害がこれだけにおさまったのは、進路と強さを予測したシステムが機能したからだ。先が見通せるものについては、ある程度対応が可能ということを実感させられた。結果的に猛烈な風の影響で、停電や建物被害などがあったものの、対人的な被害が少なかった。電車の運休がなく街に人手があふれていたとしたら、半端ない数の死傷者が発生した可能性が高い。陸地に近づくと勢力を落とすことが多い台風になれている方からは、過剰反応だという意見もあったようだが、危機を見越して対応した英断は賞賛されるべきだろう。

地球温暖化も影響を与えているのだろうが、日本列島全体が亜熱帯化しているかのような暑い夏であった。一段落するとは思えず、これからますます大きな問題が発生するかもしれない。常に備えるという心構えと、万が一発生したときに我が身を守る対策が必要である。