難しくもおもしろい時代です

オープンイノベーションの時代です。多様化を推進し、さまざまな知恵を取り入れることで生まれるものが多いと考えられます。いろいろな人を取り入れなければなりませんが、ある一定の基準が求められるのは当然のこと。ガバナンスとコンプライアンスが必須です。

人事やマネジメントの世界では、自由裁量を多くすることがやる気を高め、結果を生み出すことにつながります。当然すべての面で自由が認められるわけではありません。管理が必要です。

管理強化は自由と相容れぬこと、自由は規律と相性が良くない。この狭間の中で、大いに悩んでいる時代です。

管理していると感じさせない管理というのは、壁がないようだけれど整然とした壁が存在するという無意識下の管理体制になるのでしょう。

ただ檻が見えないけれど、限定された範囲内での自由であるという理解は、どのような影響を人に与えるのだろうか。自由に振る舞って良いけれど、それは限定された枠の中だけのこと。それ以外については禁止となるのかもしれない。

両者のバランスをとりながら、マネジメント改革を進めていく必要がある。従来のすすめ方に追加すべきであり、解除も必要ということ。面白い仕組みが登場する前夜といった趣です。楽しみが増えます。