一人だけでは生きていけない

ひとは一人だけでは生きていけない。もしも地球上にたった一人だけ取り残されたならば、想像するだにそれはそれは辛いことだろう。いやいや、そんなことを書くつもりではなかった。仕事の話だ。

仕事が自己完結しているように思えても、多くの方と関わりあって仕事を進めている。仕事のほとんどは調整と考えてもよいほどだ。ものを作るにしても、サービスを生み出すにしても、自分だけの範疇で出来ることはごくわずかであり、しれている。そもそも組織は自分の専門性を活かすという分業をすすめるところから成り立っている。自分の特長を活かすことは、他者との共同作業でもある。得意なことに専念するためには、他者に自分の苦手を補って貰わないといけないからだ。他者との関わりこそ、仕事の重要部分だ。

そうそう、もう一点述べたかったことがある。ひとは自分一人で成長したつもりになっているが、そんなわけはない。自分で伸びたと思っても、実は周囲の人が働きやすいように防御してくれたり、支えてくれていたということもある。他者から得た恩は、帳尻を付けないといけない。まわりの人に働きやすい環境を整えることが大切だ。しかもそれは自分の出来ることですすめれば良いのだ。