慣れる

ひとは大抵のことに慣れる。

緊急事態宣言で、従来の働き方ができなくなっている。テレワークの会社もあれば、時短や勤務時間をずらす動きもある。大変窮屈だ。

しかし自分はこれでないと駄目だと思っていても、大抵のことには適合する。それほど頑固なものではない。変われないと思っているだけだ。変わるコツは一つだけ。やり続けられるかどうか。

好機到来

まことに稀有な状況です。コロナウイルスの対策で緊急事態が宣言されました。多くの関係者・自身のために不要不急の移動を自粛することが必要です。

とくにビジネス面だけに限定しますが、従来の仕事のしかたや関係性維持のあり方に窮屈さが生じます。しかし「不都合」はビジネスにとって新しいものを生み出す絶好の機会です。

中期的な面で見ると、今回のテレワーク実践機会と来年に移動が決まったオリンピック・パラリンピックは、ワークフローの見直しだけではなく、ビジネスプロセスの見直しにも大きな変化をもたらします。

従来の常識を打ち破る絶好の機会が到来しているのです。次に備えて何をするかということが求められています。

新年度スタート

令和2年のスタートです。本来ならば桜の花が咲いて、新社会人たちを迎える華々しい日ですが、新型コロナウイルスの影響もあり、何だかスッキリしない年度始めとなりました。それでも社会は動きます。また新しい流れが生まれます。

目の前のことにしっかり取り組んで、日々感謝しながら進んでいきましょう。

新年度よろしくおねがいします。