令和の世、始まります

新元号の「令和」を英語に訳すと” beautiful harmony “だと日本政府が発表しているらしいですね。世界が不安定で、グローバル化する中で独自性を強めている時代の中でいかに多様性を訴えることが出来るか。

資源がない国で地球環境に貢献し、価値を高められるか。世界に必要とされるための一歩を積極的に踏み出していくというのが、新しい令和という使命だろうと思います。自分自身も少しでも社会に役立つように、これまでの知識と経験を活かして、大いに変革を図りながら取り組んでいきたいと考えます。

8回目の3月11日

半世紀を生きてきた歴史の中で、最も衝撃的な出来事は東日本大震災である。頭の中では起こりえると考えていたけれど、実際に目の当たりにすることはないと思っていた。

自然の大きさに比べると、人間のあまりの小ささに嘆きを感じた一日だった。

それから8年が経過した。記憶があいまいとなっていく過程は、次に進むために必要なことなのだろうが、事実は消えることは無い。そして身体の中に染みついている、敬虔な気持ちは薄れることはない。

合掌

難しくもおもしろい時代です

オープンイノベーションの時代です。多様化を推進し、さまざまな知恵を取り入れることで生まれるものが多いと考えられます。いろいろな人を取り入れなければなりませんが、ある一定の基準が求められるのは当然のこと。ガバナンスとコンプライアンスが必須です。

人事やマネジメントの世界では、自由裁量を多くすることがやる気を高め、結果を生み出すことにつながります。当然すべての面で自由が認められるわけではありません。管理が必要です。

管理強化は自由と相容れぬこと、自由は規律と相性が良くない。この狭間の中で、大いに悩んでいる時代です。

管理していると感じさせない管理というのは、壁がないようだけれど整然とした壁が存在するという無意識下の管理体制になるのでしょう。

ただ檻が見えないけれど、限定された範囲内での自由であるという理解は、どのような影響を人に与えるのだろうか。自由に振る舞って良いけれど、それは限定された枠の中だけのこと。それ以外については禁止となるのかもしれない。

両者のバランスをとりながら、マネジメント改革を進めていく必要がある。従来のすすめ方に追加すべきであり、解除も必要ということ。面白い仕組みが登場する前夜といった趣です。楽しみが増えます。

すぐれた組織とだめな組織は紙一重

組織を表現するものとして、規律の取れたというものがある。号令一下、組織全員が指示のもと決まった行動をとるというものだろう。これは優れた組織といえるだろう。一方自由な組織というものがある。個人が自分の裁量で必要だと思う行動を取るというものだ。これも優れた組織だろう。

どちらがより優れたものなのだろうか。どちらもが成り立つだろうし、どちらもが限定的である。指導者である他者の命令に基づいて行動するということと、自分の考えに基づいて行動するという、相反することが成り立つし、うまくはいかないというのが組織の面白さだ。

ただ、おのおのが成立して結果を出すための条件として、情報がオープン化されている必要がある。

指導者が正しい命令をするには、個別の状況を把握していないといけないし、個人が必要だと思われる行動をするには、自分のことだけではなく全体のことを理解しなければならない。個別最適か全体最適化という議論と同じく、昨今のシステムの考え方を巡る考えとも共通する。つまり統合するのか、分散した方が効率的かということにもなる。

全体を見た上で個別のことを考えるのは二律背反している。あちら立てればこちらたたずということだ。どちらかを優先するのではなく、全体のことを考えつつ、個別のことを立てるということになる。個人に現時点でのすべての情報を開示すれば、また指導者がおなじく現時点でのすべての情報を持っていれば、極めて合理的な行動を取るであろう。

合理的な行動を取れず意思決定が曖昧となるのは、つまりは情報の質と量そして時間に格差があるからである。限定されているという情報を前提とすれば、できるだけ現時点に近い多くの情報を各人が掌握して個別の判断に基づいて行動すれば良いということになる。

情報を開示もせず個人に自由に行動させる組織の行方は悲惨である。また指導者が限定された情報だけで行動する組織も哀れである。指導者も個人も善人であり、組織のことを思えば思うほど悲しい結果がうまれる。情報の開示と扱い方がまずは大切なこととなる。

メーデーの価値を問い直す

5月1日はメーデー。労働者の祭典だが、労働組合自体の弱体化とあいまって、年々その性格が変わっている。昨今では賃金面での闘争というより、働き方改革を求める声の高まりということがあげられ、家族が楽しむ要素も増加している。

昨今の日本の雇用情勢は、世界的な比較では賃金の停滞感があるが、それでも一定の生活レベルを確保できるくらいにまでいたっている。非正規社員の雇用と賃金並びに時間などの水準の見直しは、同一労働同一賃金という文脈で見直しが図っていくと思われる。

使用者に対する労働者という視点で言うと、大きな声を上げるまでもなく、個人が主張できる下地が整ってきている。たとえばパワハラ・セクハラが大きな問題として取り上げられるようになっている。従来、問題が覆い隠されていた分野に焦点が当たることは極めて健全なことだ。労働者が集団で取り組まなければ、使用者に一ひねりされて解決の糸口も見えなかったのに、個人がSNSなどにより一個人~労働者として声を上げられるようになり、それを周囲が間接的も支援できるということだ。

集団でなければなし得なかったことが、個人の発言力が高まると、反比例して集団の力が落ち、労働者が集いが不要化していく。各人の思いを集約して共通化すると、集団の存在目的は本来、現世的であるから集っているはずなのに、曖昧かし長期的な幸せの獲得というように存在理由が曖昧化していく。個人がいろいろいうのでかえってそのとりまとめたものは方向性が見えなくなる。個人がなにも考えを持たない、あるいは賃上げなどと目的が純粋化している場合には、集団の目的は立てやすいし集合する意味がある。

その組織に縛られる必要がないということが、最も優れた集団維持策という矛盾をはらんでいるのが、21世紀の労働者の集まりだ。現在の労働組合の悩みはそこにあろう。使用者の意志やねらいと同一化してしまうことで、集団に頼る必要がなくなる。組合活動の限界があるし、組織化率の低迷の理由ともなる。

労働という言葉を考えると、そもそも労働は苦役なのかという問題に突き当たる。働くことは、義務だとされるが、一方で自己実現のための大きな要素でもある。仕事ととらえるのか、人生としてとらえるのか。そんなのんきなことを考えられるのも、労働を選択できる時代であるということだからだ。現在は強制された労働からの脱却の時代なのだ。春真っ盛りであり初夏を感じるこの季節、メーデーという労働者の祭典日を、切り開いた先人達に感謝する日という視点で考えることも重要なのだろう。

私の履歴書 高田明氏

なんどかブログで取り上げたが、日経新聞朝刊に掲載の「私の履歴書」は、楽しみの一つだ。経営者や各界の著名人の生き方を一つの角度から理解することが出来る。毎月年に12名だが、読者になっておよそ30年以上だから少なくとも300名以上の歴史を読ませていただいたことになる。

平成30年4月に登場しているのは、ジャパネット創業者の高田明氏だが、他の方とは変わっている。22回目あと8回を残して、もはや会社から引退した。これは異質なことだ。

私の履歴書に登場する経営者の方の多くは、最後の最後まで話を引っ張って、最終回に仕事が一区切りついて、財界活動をして、家族にお礼を言うというのが一つの形である。感謝をしつつも、驕慢さがうっすら透けて見える。自分で無ければという気持ちからなのか晩節を汚す例もある。

老子にある「功成り名遂げて身退くは天の道なり」ということを体現するのは難しくて、身を退けないのも一つなのだ。信頼できる人に委ねて、それが出来るのはなんと幸せであろう。あと8回の展開が楽しみだ。

サッカー日本代表監督の更迭から学ぶ

2018年サッカーワールドカップ・ロシア大会を前にして代表監督が解任された。代表メンバーとコミュニケーションがとれていないということが要因のひとつだという。

自信家で話し合いを否定して、自分の思うとおりに従わせようとするし、少々エキセントリックなところがあった。ある種、カリスマはこうでなくちゃという姿であったのだが、果たしておとなしそうに見えるが、内面は頑固な日本人気質に適していたのかどうか。

監督を交代させるという劇薬を処方した以上、本番で結果を出すしか無いわけで、退路が断たれた中での力の発揮を期待するしかない。本戦では力を出して、頑張って欲しい。

さて、今回のケースは、経営の世界に例えれば、業績が芳しくない経営者(CEO)あるいは事業部長が更迭といういことと同じだろう。経営結果として赤字が続くとなると、あるいは将来展望が果たせないとなると人身は離れていく。苦しくても先の見通しを示す必要がある。さもなくば解任なのだ。

解任後、ああすれば良かったとか、結果が出なかった理由を挙げても、在任期間中に結果が出せないとどうしようもない。まずはやるべきこと、やりたいことをやりきることが大切なのだ。

今回の件は、ビジネス社会に身を置く身として、冷静かつ厳粛に自分の取り組みをふり返る機会としなければならない。

五輪メダリストの会見から考える~言葉と感謝の大切さ

オリンピックのメダリストたちが報告会を行った風景がニュースで流れていた。
晴れ晴れしい笑顔が印象に残った。
あらためてメダル獲得の瞬間の感動を思い起こさせられ、思わず拍手したくなる自分がいた。

そのなかで、あれっと思ったことが二つあった。ひとつは、各選手が堂々と自分の言葉で語っていたということ。
一人くらい口の重い人がいいのではないかと思うくらいに、取材陣の方を見てきちっと話をする。
マイクを持っても手が震えるなんて事が無い。自分の番が回ってくると、当然のように話をする。
また時間も長すぎず、声も小さすぎず。なかなか出来ることではない。
スポーツ選手の支援プログラムに、メディア対応プログラムがあるという。
「自分の考えをわかりやすく伝える技術の習得、競技の魅力をどう表現するか。実際にインタビュー映像を視聴し、取材対応の仕方についてチームディスカッションも行う」内容だ。ビジネスの世界でも、人前で話す経験は非常に重要であるので、大いに学ぶべきだ。備えあれば憂いなしなのだ。

二つ目は話す内容に「感謝」という言葉が必ず含まれていたことも、すごいことだと感じさせられた。
メダルを取るところまでいったのは、周囲の支援があったからだということが自然と口にでている。
「幸せがずっと続く12の行動習慣」リポミアスキーの著書の中で、幸せになるための行動として周囲への感謝が必要だという部分がある。
遺伝などで変われない部分に拘るより、行動を変えることで継続的な幸せをつかむことが出来るという考え方。
ポジティブ心理学の発展応用だ。

さすがメダリストと感じさせられた。

東京オリンピックも同じように盛り上がるのでしょうね

さて、あと2年。東京五輪は盛り上がること間違いないでしょう。
景気という面では陰りもあると思われます。

また、将来に向けた取り組みが、あと2年で行えるか…。
2年は長くも短く、短くも長い年月です。

経営者の頭の中に尋ねてみたい

経営者の頭の中では、いったいなにが渦巻いているのだろうか。

身近の問題だろうか。それとも将来のことだろうか。そういった時間軸と共に確認したいのは、なにを大切にしているかということだ。

顧客だろうか、社員だろうか、それとも自分の家族だろうか。

頭の中の優先順位がわかれば、経営の重要性がわかるというものだ。

自分が大切にしていることを人に伝えることが出来れば、経営活動はうまくいくだろう。ただそれがむつかしいので、経営はうまくいきにくいのだ。

正直に日頃から自分の大切だと思っていることを伝えることが経営の重要なことなのだ。