物語の価値は不変

藤井聡太7段が新棋聖となられました。14歳中学生で棋士。29連勝。そんな超一流の人ですから、当たり前なのでしょうが、とうとうタイトルを獲ってしまいました。

小林秀雄が、突き抜けた名人クラスの勝負は、先手か後手かを競う勝負となるだろうと看破していたように、AIの機能が強化されれば、人間が知恵を絞るという勝負の意味合いは薄れ、興味が失われていくのではないかということがいわれた。

新棋聖は勝利後の記者会見で、「今の時代においても、将棋界の盤上の物語の価値は不変だし、自分としてもそういう価値を伝えていけたらと思う」という主旨を述べていた。実際の盤面の戦いを通じて、勝負事の世界で人が全知全能をぶつけ合って戦うことのすごさと面白さをみせてくれました。

しかし何なんでしょう、この言語力。勝ってうれしいだけのレベルには留まっていないという恐るべし17歳。