先の見通し

たとえ新型コロナウイルスが世の中に拡がっていなくても、熱暑でなくても、やるべきことは変わらない。多少の回り道になるかもしれないが、自分のやるべきことに向かう必要がある。

いまそして将来の社会に役立つための道筋を描くことが重要なのだ。

その見通しが曖昧であるから、不安になって逃避行動を選択する結果となる。芯の部分を確立して迷いなく行動することこそが求められる。