日々の積み重ね

毎日なにかしらの記念日だという。ちなみに投稿日の10月2日は、「美術を楽しむ日」だそうだ。通り過ぎていく日々に意味があるということで、なにもないと感じる一日であってもそこには積み重ねの、そしてある人にとっては重要な一日であると言うことだ。そう毎日を大切にしないといけないということに気づかされる。

一日一日は大切で重要なのだから、通り過ぎていくありきたりな一日にしないために、いまをしっかり過ごさないといけない。

10月1日は東京証券市場がトラブルにより開かれなかったという大荒れの一日だったが、これも稼働することが当たり前というインフラのありがたさに気づかされる出来事だった。

そのときどきから学び、糧にしていくという姿勢が自分をつくる。