コーチングとは?必要なスキルやポイントを解説!

未分類

コーチングは自ら考えて行動する人を育てるのに役立つので、人材育成のために使われることも多いです。

ですが、コーチングがどのようなものか知らずに行ってしまうと、十分な効果が得られないでしょう。

そこで、この記事ではコーチングのポイントを解説いたします。

コーチングとは?

コーチングとは、相手の話にしっかりと耳を傾け、効果的な質問によって気づきを与え、目標達成するための行動を支援することです。

相手の自発的行動を促すコミュニケーションと言うこともできます。

コーチングとティーチング違い

ティーチングとは、知っている人が知らない人に対して知識や経験、スキルを教えることです。

コーチングが答えを相手に考えさせるのに対して、ティーチングは教える側に答えがあります。

コーチングは自立を促したい場面に効果的で、ティーチングはやり方が決まった業務を習得させたい場合に効果的です。

コーチングとティーチングは場面によって使い分けると良いでしょう。

コーチングのメリット・デメリット

メリット

自発的な行動の促進

コーチングは対話によって相手の考えを引き出し、どうするべきかを自分自身で考えさせます。

なので、成長や目標達成のために何が必要なのかを考える自主性が身につき、自発的な行動ができるようになります。

モチベーションの向上

コーチングでは主体的に行動することを促します。

自分で考えて行動すると納得感が強まるので、指示通りに行動するよりもモチベーションが上がるのです。

モチベーションが向上すれば、生産性も向上することが期待できます。

気づきを得られる

コーチングを受けると、一人で考えているときよりも視野が広がり、多くの気づきが得られます。

対話をすることで、新しいアイディアを思いついたり、自分の個性を再発見できたり、可能性を広げることができるのです。

デメリット

効果が出るのに時間がかかる

コーチングは答えを与えるのではなく、自分自身で気づくことを重視するので、即効性があるとは言えません。

短期間で教育したい場合や、緊急性の高い問題を解決しなければならない場合は、ティーチングのほうが適しているでしょう。

同時に多数の人を教育できない

コーチングは1対1の対話で行うものなので、同時に多数の人を教育することはできません。

複数の人に対してコーチングを行う場合、マネジメントが複雑化するという問題もあります。

知識や経験が必要

コーチングを受ける側に知識や経験がないと、気づきを得ることが難しく、効果がうすくなってしまいます。

新人で知識も経験も少ない場合などは、ティーチングを行ったほうが良いでしょう。

コーチングに必要なスキル

傾聴

傾聴とは積極的に相手の話に耳を傾けることです。

相手の考えていることや感じていることを引き出し、気づきを与えるためには、傾聴することが大切です。

言葉だけでなく、感情にも気を配りながら聴きましょう。

質問

自分自身で答えを見つけ出す自主性を育むために、質問するスキルはとても重要です。

気づきを得られるように、「いつ/どこで/誰/何/なぜ/どうやって」を使ったオープン・クエスチョンを多く使用するとよいでしょう。

承認

成果を出したときや成長に気づいたときはしっかりと承認しましょう。

直接的に成果につながらなかったとしても、努力した過程を認めることでモチベーションを維持することができます。

コーチングのポイント

双方向であること

上司が部下に一方的に話してしまうことは多いかと思いますが、部下の自発的な行動を促すには、意見を押し付けないようにすることが大切です。

相手の意見を受け入れ、双方向なコミュニケーションを心がけましょう。

1対1であること

人によって価値観や成長するスピードは違うので、多数の人を同時にコーチングすると効果が得にくくなってしまいます。

なので、コーチングは基本的に1対1で行うのが良いでしょう。

コーチングを1対1で行うことは、信頼関係を深めたり、納得感を高めたりするのに役立ちます。

継続的に行うこと

習慣はなかなか変わらないので、コーチングを始めてもすぐに大きな変化につながるわけではありません。

変化が現れたとしても、すぐに元に戻ってしまうこともあります。

部下の成長のためには、根気よく長期的に支援することが大切です。

まとめ

コーチングは、対話によって気づきを与え、自発的な行動を促すものです。

相手の話を積極的に聴き、しっかり承認することで効果は高まります。

効果が出るまでには時間はかかりますが、継続的に行うことで自ら考えて行動する習慣が身につくでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました