従業員満足度とは?メリットや高め方を解説

未分類

従業員満足度とは?

従業員満足度とは、職場環境や業務内容に対して従業員がどのくらい満足しているかを表す指標のことです。

英語では「Employee Satisfaction」と呼ばれ、ESと略されます。

近年、顧客満足度だけでなく従業員満足度も重要視されており、多くの企業が職場環境の見直しを行うようになりました。

その理由として、少子高齢化に伴い労働人口が減少したことや、転職をする人が増えて人材が定着しづらくなったことが挙げられます。

以前より雇用が安定しなくなったことで、従業員満足度を高めて人材の流出を防ごうという考えが広まっているのです。

従業員が職場環境に満足し、モチベーションが上がれば、組織全体の生産性も上がります。

従業員満足度を高めるメリット

生産性の向上

職場に対する満足度が高いと、本来の業務に集中することができますし、個々人のモチベーションが高まって主体的に業務に取り組むようになります。

その結果として生産性が向上することは、組織全体にとってのメリットです。

また、従業員満足度を高めるために職場環境を改善すれば、従業員同士の人間関係も良くなり、コミュニケーションが活発化します。

円滑なコミュニケーションは組織の生産性を高めるのに必要なことです。

顧客満足度の向上

職場への満足度の高い従業員は、自社の商品・サービスに対する愛着度合いも高く、より良いものを提供することを目指します。

積極的に商品・サービスの質の向上に努めることは、顧客満足度の向上に繋がり、さらには会社の業績の向上に繋がります。

従業員ひとりひとりの取り組みによって商品・サービスは生み出されているので、従業員のモチベーションを維持することは大切です。

離職率の低下

昨今、人材不足に悩まされる企業が多く、離職率を下げるための取り組みが注目されています。

離職率が高いと採用や教育にかかるコストが高くなるので、人材の流出を防ぐことは重要な課題です。

従業員満足度を高めることは、会社への帰属意識を高めるなど、離職率の低下につながる効果があります。

また、優秀な人材が長年働くことで業績向上が期待できます。

従業員満足度の高め方

企業理念の浸透・ビジョンの共有

従業員が企業の理念やビジョンに共感するようになることで、帰属意識が強まったり、一体感が生まれたりする効果があります。

企業理念が浸透し、自社がどのようなかたちで社会に貢献しているのかが伝わることで、従業員のモチベーションがあがることも期待できます。

企業の理念やビジョンを個人の目標まで落とし込んで、従業員ひとりひとりがやりがいを持って日々の業務に取り組めるようにすることが重要です。

企業の理念やビジョンを浸透させるには、定期的に理念やビジョンを確認する機会を設けると良いでしょう。

職場環境の整備・改善

テレワークやフレックスタイム制など多様な勤務形態を提供することで、育児や介護など個人の事情に合わせた働き方が可能になります。

ワークライフバランスを実現させることは、従業員満足度を高めることに繋がります。

自動化などによる業務の効率化を進めて残業時間を減らすことも、職場環境を改善する取り組みのひとつです。

また、社内コミュニケーションの活性化を図ることも、働きやすい職場作りには欠かせません。

マネジメントや評価制度の見直し

従業員自身への評価に対する不満は従業員満足度を低下させます。

評価基準を明確にして客観的な評価を行うことで、評価に対する納得感が高まり、組織への満足度も高まるでしょう。

また、上司との関係も従業員満足度に影響します。

部下と積極的にコミュニケーションを取り、部下の仕事ぶりを把握することも重要な仕事です。

賞賛や感謝の言葉をかけて部下を承認することも、良い関係を築くのに効果的です。

福利厚生の充実

福利厚生は、働きやすい環境にするために給与などに加えて会社から提供されるものであり、それらを充実させることで従業員満足度は高まります。

具体的には、住宅手当や家賃補助、法定を超える育児休暇・介護休暇、資格取得手当など、様々なものがあります。

手当金や休暇に関するものは人気が高いので、福利厚生に取り入れると従業員満足度の向上が期待できます。

まとめ

従業員満足度とは、職場環境や業務内容に対する従業員の満足度を示す指標のことで、Employee Satisfaction(ES)とも呼ばれます。

従業員満足度を高めることは、生産性の向上や顧客満足度の向上、離職率の低下などに効果的です。

従業員満足度が高まれば組織全体にも良い影響をもたらすので、評価制度を見直したり、福利厚生を充実させたりして、働きやすい職場環境を整えると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました